安価なアルカスイス互換クイックリリースクランプいろいろ

f:id:l_ange_dechu:20181108001950j:plain

アルカスイス規格互換のクイックリリースクランプが手元に増えてきたので個人的な備忘録として。

f:id:l_ange_dechu:20181105014940j:plain

SUNWAYFOTO DDY-64i。ハスキー3Dヘッドにつけるべく、別売のDP-60Rとともに購入。四角い形状のアルカスイス互換クイックリリースクランプ(下の写真右上の様な)はクランプの開閉に伴って底面が動くものが多く、ハスキーの3Dヘッドに取り付けると雲台上面のコルクと干渉してしまう。これを解決するためにスペーサーを噛ませたりコルクを削ったりと工作をしなければならないのだが、このタイプであれば底面が動かないのでハスキーでも無加工で使える。手に取るとかっちりした剛性を感じ、動きにも安心感がある。締め付けノブの形状が若干ごろごろしていてやや指に痛いのが気になるが、大きな問題ではない。付属の雲台取り付け用ネジ穴を変換するネジに抜け止めがなく、どうやってしっかり固定すればいいのか少し迷った。

f:id:l_ange_dechu:20181108002518j:plain

DP-60Rプレート(下の写真左の方)は、カメラ取付に1/4ネジと3/8ネジを選べるのだが、1/4ネジが3/8ネジの穴からすぐ落ちてしまうことが目下の悩み。プレートをカメラにつけっぱなしであれば問題はないだろう。六角レンチで締めるタイプのカメラ取付ネジであることからして、おそらくそういう使い方を想定しているのだと思う。

f:id:l_ange_dechu:20181108003225j:plain

f:id:l_ange_dechu:20181105015320j:plain

UTEBIT DM-55。DDY-64i類似品を探して購入したもの。RRS等に比較して安価なDDY-64iよりもさらに安価、しかもプレートが付属する。二個目のハスキー3Dヘッドに付けている。Amazonでの製品名に「ボール雲台」と書かれており、クイックリリースクランプではないのだろうかと不安に思ったが、届いてみるとプレート付クランプだった。安価な割に操作感は良い。ノブの形状はDDY-64iよりもこちらのほうが好み。全体の剛性感はDDY-64iに若干譲るが、使用には差し支えない。コストパフォーマンスがとても高く、驚いた。

f:id:l_ange_dechu:20181105020856j:plain

型番が見当たらないINPONのリリースクランプ+L字プレート。安価な製品ながら作りは悪くはない。が、同時にとりたてて良くもない、と言いたくなる感じの出来。このクランプは底面を含む顎が動いて締付けるタイプ。リリース時はばねの力で顎を押し戻す構造なこともあり、写真のようにハスキー3Dヘッドに装着すると、ノブを解除方向に回してもクランプの顎が固定されたまま動かなくなってしまい、プレートをリリースできない。設置面が小さめの雲台につけると問題なく機能する。

L字プレートは機種専用のプレートではないので、特に縦位置などでは使っているうちに少しづつずれてくる。気になる人は専用プレートを買ったほうがいいだろう。

f:id:l_ange_dechu:20181105021537j:plain

写真は、INPONのクランプにSUNWAYFOTO DP-60Rを組み合わせたところ。クランプを最大に開けてもプレートを挿入できない。アルカスイス規格互換と言ってもきちんとした規格があるわけではないようだ。気になったので、測ってみる。

f:id:l_ange_dechu:20181108004835j:plain

SUNWAYFOTO DP-60Rプレートの幅は39ミリ。

f:id:l_ange_dechu:20181108004912j:plain

INPONのクランプの上部開口は36.5ミリ。39ミリのDP-60Rは斜めに挿入しても開口が不足して入らない。こうなると手当たり次第に調べたくなってくる。

f:id:l_ange_dechu:20181108005223j:plain

INPONのL字プレートの幅は37.8ミリ。

f:id:l_ange_dechu:20181108005442j:plain

UTEBITのDM-55付属のプレートは38ミリ。

f:id:l_ange_dechu:20181108005648j:plain

VANGUARDのVEO2に付属してきた小型雲台のプレート。37.7ミリくらいかな。

f:id:l_ange_dechu:20181108010233j:plain

SUNWAYFOTO DDY-64iの最大開口。これだと37.9ミリくらいだけど、ノギスが斜めにはいっちゃってるのでもう少し短いかも。

f:id:l_ange_dechu:20181108010513j:plain

UTEBIT DM-55は39.3ミリなんだけど、やっぱりノギスが斜めに入っている。

f:id:l_ange_dechu:20181108010630j:plain

VANGUARD VEO2の雲台。37.6ミリ。これもDP-60Rは入らない。UTEBIT DM-55付属のプレートも入らない。よく見ると、顎の形状が他製品と若干異なるように見える。開口の大きさはSUNWAYFOTO DDY-64iとそう変わらないのにプレートを選ぶのは、微妙な形の差異から来るのだろうか。

こうしてみると、手元のプレートの幅は主に38ミリ前後となっており、SUNWAYFOTO DP-60Rが例外的に39ミリと太い。本来の規格は何ミリなのだろう。クランプ側の開口はまちまちだ。この中ではINPONのものは開口が小さく、UTEBIT DM-55は開口が大きい。形状の違いからか、開口の大きさが近似したクランプであっても同一のプレートが入ったり入らなかったりすることがある。

アルカスイス規格互換と言われるとすべてのプレートとクランプが相互に使える様に思ってしまうが、現状そうではなく、製品どうしの相性のようなものがある。使用にあたってはメーカーを統一するなどの予防策をとると良いかもしれない。とはいえこれらの(主に)中国の製品は短いスパンで改良品を次々と世に送り出してくるので、過去の製品との互換性をどれだけ考えているのかわからない部分があり、メーカーを統一したところでうまく機能しない可能性もなくはないところが恐ろしくも、また面白いところ。

GODOX SL-60Wの光量を測った時のメモ

GODOXのSL-60W、30×120のストリップソフトボックス、Sタイプブラケットマウントを(それぞれ時間を置きながら)購入したので、光量を測ってみた。

SL-60WのLEDってどれくらい明るいの?という自分の疑問を解決するための実験なので、ソフトボックスの発光面から1メートル弱の位置にメーターを固定して計測するというざっくりとしたもの。

  • GODOX SL-60W+ソフトボックス、100%出力 結果 ISO100、1/125、F2.0
  • Canon 580EX+ソフトボックス、1/1出力 結果 ISO100、F11.1

結果としては、GN58のストロボの約5段落ちというところ。個人的にはあと一段明るければ使いやすかったかな。

ソフトボックスはメインのディフューザとインナーディフューザをつけて、光の芯あたりで計測している。グリッドは付けていない。インナーディフューザを外せばもう少し光量を稼げるかもしれない。

細長いソフトボックスなので、端のほうで計測したらどうなのかと思い、発光面に対し水平に移動してボックスの端で計測したところ、0.6段落ちという結果。インナーディフューザが効いているのかな。ストロボのワイドパネルを出せば変わるかと思ったが、全体の光量は落ちるものの光量比は変化なし。

 今回、文中に出てきた機材。検索をかけると同じ商品がいくつも引っかかってくるので適当に貼った。ここから買ってほしいとかではない(そもそもアフィリエイトとかではないはず)。

 写真を見るとわかるけど、ライト側がメスなのでスタンドにオスを要求することに注意。あと、電源ケーブルが3ピンなので大抵の場合、変換プラグが必要。

 レビューにもあるがこのソフトボックス、組み立てがとてもきつい。結構力をかけて組まないとならず、うまく分解できる気がしない。ロケなどで持ち込んで組んで、終わったらばらして…という用途には向かないかも。まあ、私が貧弱なだけかも知れないけど。 

 今回の一連の買い物で一番感心したアイテム。あと何本か欲しい。よくあるアンブレラホルダーって、ストロボの脱落を防ぐ機構が細いネジ一本だったりして怖い(一度落下の経験あり)。ストロボ側でロックをかけようとしても、回転ノブで締めるタイプならまだしもレバーを倒すタイプだとロックしきれなかったり、防水のためについているゴムのせいでホルダーに挿さりきらなかったりして不安定。この製品ならヘッドをつかむので、ストロボ落下の不安は大きく減少する。また、アンブレラの中心に光の芯が当たりやすい。アンブレラホルダーにフラッシュトリガーを使用すると発光部に高さが出てしまい、アンブレラの上半分に向かって照射している感じになってしまうのが気になっていた。この製品で気になったポイントは、首振りのぎこちなさ。もうちょっとスムーズに動いて止まってほしい。 あと、例によってスタンドとの接続がメス。なのでスタンドはオスが必要。

それにしても一度GODOX等の価格に慣れてしまうと、純正品や国産品が高価に感じられてしまう。