飼い慣らされた写真


フィルムが現像からあがってくる頃には、なぜこの写真を撮ったかと言うことすら忘れている。短期的な使用目的のようなものが剥奪され写真は別の意味を帯びる。