おそらくこっちではやっていけないと思っているにもかかわらず、もう、戻れないかもしれないと思うときがある。